業務用エアコンの費用相場

1.5馬力のエアコンでも形状はたくさんあります。一般的に広く流通している4方向の天井カセット型の相場は15万円~20万円程度です。

業務用エアコンの購入して使っている人の声

電気代の見直しにもつながりました

老朽化していたので、新品へ更新工事を行いました。電気代がかなり安くなり安心しました!

省エネ性能が認められているエアコン使用中です

省エネにもつながるエアコンは、会社のSDGsにもつながるので助かります。経費節減がかないます。

馬力アップで部屋の温度が一定になりました

広い部屋のエアコンの馬力を上げました。部屋の温度が一定化したし経費も減らせて一石二鳥です。

アフターケアがある業者がおすすめ

定期的に点検をしてくれるので、いつも部屋の温度は安定しています。アフターケアは大切ですよ!

人気の高いメーカーの製品は便利です

業務用エアコンに強いメーカーの製品を導入したので、風量なども安定していていいですね。

汚れが溜まってしまうデメリット

エアコン

普段働くオフィスやお店に業務用エアコンがついていることも多いでしょう。多くの製品で自動掃除する機能があるので放置している人もいるかもしれません。この掃除機能はフィルターは行いますが内部は汚れてしまいます。汚れると空気中に舞うゴミや汚れも一緒に吸ってしまいカビの原因にもなります。フィルターはそもそもゴミやほこりを通さない役目があり汚れが溜まりやすい部分です。両方のほこりと結露によりカビの温床となってしまいます。汚れがたまると運転の効率も落ちて電気代もよりかかってしまいます。汚れは内部の循環も悪くしてしまい同じように運転してもエネルギーを多く使うことになります。効率的に長く使うためにはこまめに掃除することが大切です。自分でも掃除は可能ですがプロのクリーニングに任せてください。正常に稼働しているかも見てくれるので、故障を防ぐことができます。

業務用と家庭用は能力が違う

エアコン

業務用エアコンはその名の通り店舗やオフィスで使われるエアコンです。それほど広くないオフィスなら家庭用エアコンでも充分足りることはあります。家庭用と業務用の大きな違いは能力です。定められた室温にするためにはパワーが求められます。メーカーのサイトではキロワットや馬力の単位で能力が表示されています。家庭用エアコンでは6畳用から14畳用とサイズで表示されています。業務用エアコンは広いオフィスや店舗で用いるので能力は大きめです。家庭用は機種を選ぶときに能力値ではなく「~畳用」とされています。

大きな工事が必要です

エアコン掃除

業務用エアコンと家庭用エアコンは機器の仕組みと施工方法も違います。家庭用エアコンはコンセントに接続して稼働しています。買い替える際には室内機と室外機を入れ替えれば大規模な工事は不要です。業務用エアコンは一部の製品を除き、壁や天井への埋め込み工事を行うことになります。電源を接続したり、配管の溶接などの工事も必要です。機種によって異なるものの、工事には安くとも数十万円以上費用が掛かってきます。機器の仕組みに関しては業務用エアコンは冷やすか温める機能が主です。家庭用エアコンのように人を感知したりする便利な機能はあまりついていません。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中